ケース別対応について(ペットトラブル)

ペットブームと呼ばれる現代、ペットトラブルが非常に多くなっています。またペットトラブルに巻き込まれた場合の対応はどのようにすればいいのでしょうか。

最近は多くの方がペットを飼っています。マンションやアパートでもペット可という所が多くなり、ペットの種類もかなり多くなっています。ペットを飼う方も多くなったことで、ペットトラブルも必然的に増加傾向にあります。
ペットトラブルには様々なものがあります。
例えば、お隣で飼っている犬に子供がかまれて怪我をした、お隣の犬の臭いがくさい、泣き声がうるさくて眠れない等、様々です。
ペットを飼っている側にすれば、ペットの臭いも泣き声も気になることではないでしょうから、かわいいペットに文句を言われたとなれば、近隣トラブルに発展することもあります。
最近では、こうしたトラブルについて訴訟となり、多額の損害賠償責任を負わされたという事例も多くなっていますから、問題は小さい内に解決しておくことが大切だと非常に感じます。
ご近所間でのペットトラブルの場合には、まず問題になっていることを、しっかり相手に理解してもらう、つまり話し合いが必要だと思います。話し合いで解決すればいいのですが、多くの場合、最初は問題も解決したかに見えたのに、また同じことの繰り返しとなってしまったということも多いのです。こうしたことを避ける為に、示談書や和解書という書面を持って、取り決めを行うことが一番の解決策になると思います。
もし相手が話し合いに応じてくれないという場合には、専門家に介入してもらいましょう。法律の専門家の記名によって、内容証明郵便で郵送を行います。毎日の泣き声で眠れず、健康被害にあった、犬に子供が噛まれて医者にかかったなどの場合には、慰謝料の請求を行うことになります。この場合でも、専門家が行う場合と本人が行う場合には、相手に与えるプレッシャーも違いますから、専門家に依頼するのがよいかと思います。
ご近所間でのペットトラブルは、その迷惑な出来事を相手にわかってもらえないという問題があります。動物のことにそんなに目くじらをたてて・・・と、相手にしてくれないこともあります。ここに、専門家が介入すれば、事が重大だった、健康被害がひどいものだった、相手は訴訟を考慮しているかもしれない、という意思を感じさせることができます。
ペットトラブルは最近、大きな訴訟に発展する事例が多くなっています。家族の一員であるペットが家族と一緒に快適に、またご近所さんにかわいがられて過ごせるように、トラブルの根は早い内に摘み取っておくことが大切です。
示談書作成サポートセンター
フリーダイヤル 0120-963-592
受付時間 10:00~21:00(土・日・祝日も休まず営業)
メールでのお問い合わせや無料相談はこちら
  • TOP:示談書作成にお悩みなら
  • 示談書の重要性について
  • 示談書の不備で起こる紛争
  • 示談する前の重要ポイント
  • 請求は内容証明
  • 和解書・示談書・合意書はどう違う?
  • 示談書に必ず記載する内容
  • 示談書を意味あるものにするために
  • 示談が成立したときのポイント
    • 不倫・浮気トラブル
    • 婚約破棄トラブル
    • セクハラ・パワハラトラブル
    • 痴漢・強制わいさつ・強姦トラブル
    • 金銭トラブル
    • 会社・従業員トラブル
    • 不動産トラブル
    • 近隣トラブル
    • 交通事故トラブル
    • ペットトラブル
  • よくある質問
  • 事務所案内
  • お問い合わせ
  • 相互リンク
  • サイトマップ
携帯3キャリア対応
QRコード
携帯3キャリア対応
http://www.h-jidan.com/