ケース別対応について(交通事故トラブル)

示談というと、交通事故の問題解決には一般的な方法です。しかし、交通事故の示談こそトラブルが多いのです。

交通事故の問題解決というと、示談書が思い浮かぶという方が多いでしょう。私たちの一番身近なトラブルといってもよい交通事故の示談書は、案外トラブルの元になる事が多いのです。トラブルのないような示談書を考えてみましょう。
交通事故という問題は物損か人身か?によっても、その問題が大きなものかどうかで違ってくると思います。物損の場合よりも人身事故のほうが、慰謝料のことについてもめることが多くなります。物損の場合、壊れたものを直す、使えなくなってしまったものに関して誰がどのようにして支払いを行うのか、お互いに話し合い、責任の所在を示談書に明記することになります。
人身の場合には、壊れたものを直す、新しく買い直す、ということではなく、怪我をされた方の身体の事になりますから、慰謝料を含めて問題は複雑になります。
交通事故でも人身事故の場合、被害者の怪我が治っても、後に後遺症が出る場合があります。事故による後遺症という判断がついた場合、その医療費等の支払いは誰が行うのか、そういったことも当事者同士が話し合いによって決定し、示談書に記載する必要があります。
また交通事故によって被害者の方が亡くなってしまったという場合には、慰謝料も大きなものとなります。慰謝料をいつまでに支払うのか、その支払い方法はどのようなものとなるのか、もし一括で支払えないということになった場合、分割でどのようにして支払いを行うのか、支払が滞った、若しくは行われない場合の処置はどのようになるのか、記載しておかなければならないことはたくさんあります。
示談書に記載した内容に不備があったことで、後に裁判となり、慰謝料を受け取る事ができなかったという事例も多くあります。示談書に、怪我の後遺症に関しての記載を行わなかったために、明らかに事故による後遺症と判断されても、医療費の請求等ができないということもあります。こういった事がないように、示談書は明確に真実を記載し、その対処に関しての詳細な内容を記載する必要があります。
示談書の不備によって裁判を行わなくてはならなくなったということも、交通事故のトラブルとしてよくあるケースです。示談書を作成してから、「こうすればよかった」「ああすればよかった」と考えても遅いのです。交通事故の場合、金銭的な内容の記載が必要になることがほとんどです。だからこそ、不備のない示談書が必要となります。
示談書作成サポートセンター
フリーダイヤル 0120-963-592
受付時間 10:00~21:00(土・日・祝日も休まず営業)
メールでのお問い合わせや無料相談はこちら
  • TOP:示談書作成にお悩みなら
  • 示談書の重要性について
  • 示談書の不備で起こる紛争
  • 示談する前の重要ポイント
  • 請求は内容証明
  • 和解書・示談書・合意書はどう違う?
  • 示談書に必ず記載する内容
  • 示談書を意味あるものにするために
  • 示談が成立したときのポイント
    • 不倫・浮気トラブル
    • 婚約破棄トラブル
    • セクハラ・パワハラトラブル
    • 痴漢・強制わいさつ・強姦トラブル
    • 金銭トラブル
    • 会社・従業員トラブル
    • 不動産トラブル
    • 近隣トラブル
    • 交通事故トラブル
    • ペットトラブル
  • よくある質問
  • 事務所案内
  • お問い合わせ
  • 相互リンク
  • サイトマップ
携帯3キャリア対応
QRコード
携帯3キャリア対応
http://www.h-jidan.com/